資本金の準備

会社設立時にもっとも大変なことは何かと聞かれたら、おそらくほとんどの人が資本金の準備だと答えるのではないでしょうか?
資本金は会社運営をしていくうえで重要な資金ですし、これが十分になければ会社設立の計画もうまくいきません。

それでは資本金は最低でもどのくらい準備しておけばいいのかと言うと、一般的に会社設立の準備にかかる費用と3カ月分の運営費程度だと言われています。
したがって会社の規模や従業員の数、さらにどこの地域で起業するかによっても変わってくるので、経営者がそれぞれ適切な資本金を設定しなければなりません。
資本金はたくさんあればいいことは間違いありませんが、お金はあっても運営がうまくいかなければたちまちなくなってしまいますし、まずはきちんとした事業計画を立てる必要があります。
さらに資本金1000万円未満であれば、最長で2年間消費税の免除が受けられますから、そういった節税対策のことも考えておくことも大切です。

次に資本金を集めるときの方法ですが、まずもっともリスクが少ないのは自己資金から出資することで、これは融資を受けているわけではありませんから返済の必要がありません。
返済の負担がないというだけでも精神的な余裕が生まれますし、自分で資金を集めたという自信にも繋がります。

また株式会社の場合、株主資本という方法もあって、これは株主になってくれる人からの出資ですから、こちらも返済の義務がないので負担はありません。
ただ株主資本は過去に経営で実績を出していないと会社設立時から得られるものではありませんので、その点は人によりけりです。

そして自己資金だけでは賄えない場合、まず頼りになるのが身内で、親族や知人・友人に融資をお願いするのが一番いいでしょう。
銀行などの金融機関に比べると融通も利きますし、金利も取らないという人もいますから、その点は大きなメリットです。
しかし誠意を欠いた対応をしてしまうとかえってトラブルになる可能性もあります。