会社設立時の会計

会社設立時の会計について話題になると必ず出てくるのが会社設立費用の仕訳です。
これは大きく分けて2つに分けることができ、ひとつは開業費用、もうひとつは創立費用となります。
それではこの開業費用と創立費用ではどのように違うのか紹介していきますので、これから会社設立の準備に入る方は覚えておきましょう。

はじめに開業費用は会社設立準備から会社をスタートさせるまでのところでかかった費用のことを指しており、基本的に営業をスタートしてからの費用は含まれません。
たとえば名刺や印鑑を作ったり、広告やチラシが該当しますし、商号調査にかかった費用や出資者との交際費なども開業費用になります。

次に創立費用ですが、こちらは会社設立のためにかかった費用を指していて、開業費用と決定的に違うのは会社設立のためだけに使われたお金という点です。
開業費用として計上できる名刺や印鑑は開業のために作ってはいるものの、会社設立のために絶対に必要なものではありませんから創立費用には含まれません。
創立費用に含まれるのは登録免許税や事務所や店舗を借りるためのお金、発起人へ支払う報酬、事務員を雇っているならそれに対する給料、金融機関に支払った手数料、創立総会費用、株主を募集するための宣伝費用、定款の作成費用などです。

このように開業費用と創立費用は似ているようで異なるものですから、仕訳をするときには間違いないように注意してください。
とは言え会計については経営者だけでやるわけではありませんし、むしろ経営者が関わるよりももっと詳しい専門家に任せたほうが良いと思いますので、税理士と顧問契約して管理してもらうことをおすすめします。

最近では会計事務所も会社設立準備に携わってくれるところが増えていますから、早い段階で信頼できる税理士を見つけると、より準備もスムーズになるでしょう。
インターネットで検索するとホームページや専門サイトも見つかりますので、そちらも参考にしてください。