会社設立後に命運を分ける営業

 

会社設立後というのは、まだ無名の会社を世間に知ってもらうことが必要となります。
どのような会社なのかによって違ってきますが、やはり世間に認知されていない会社は営業で知ってもらうしかありません。
メーカーの場合は商品やアイテムを持ち込むことで営業をおこない、サービスの場合は実際にプレゼンテーションなどを通して売り込むための営業が必要となります。

このように、会社設立後というのは営業が命運を分けていくと言えます。
そのため、会社設立をおこなう際には、部署の管理も徹底していくことが必要です。
営業部や事務部など、それぞれの役割を持った部署を設けておきましょう。
そうすることで、営業が仕事を取ってきて、それを社員やスタッフが対応し、事務が処理していくという流れが生まれます。
会社設立後は社内統制が必要なので、そこもきちんと考えておくことが必要となるのではないでしょうか。

営業に必要となるのは、まずは世間の認知度を高めていくということです。
そのためには新規開拓でどんどん取引先やクライアントを増やしていくことが必要となります。
しかし、その営業のやり方も工夫しなくてはなりません。

例えば、営業で仕事が入ってくるようになれば、しっかりとその仕事をこなしていくだけのタスク管理が必要となります。
仕事を取ってくるだけ取ってきて「できません」というのはさすがに会社の信用を落としてしまうことになるでしょう。
だからこそ、営業とその他の部署との連携が必要となります。

そういうシステム面での構築も進めておかないと、会社としての歯車が上手く回らないこともあるのです。
それによって倒産してきた会社も多々あります。
会社設立のハードル自体は下がっているものの、結局は経営が上手くいかずに倒産してしまうということにもなりかねません。
そうなると設立した労力と費用が無駄になってしまいます。

営業は、いわば会社の顔でもあります。そこをちゃんとできるかどうかで、会社の名前が広がっていくかどうかも変わっていきます。
営業力とはよく言うものですが、その営業力があればあるほど、最初は会社も軌道に乗りやすくなっていくでしょう。
まずはしっかりと考えてみて、その上で対処していくようにしてみてください。

そうするだけでも、会社としてのポジションをしっかりと守って、次の経営に繋げていくことができます。
営業など、必要な部署にはしっかりと費用を割くのも重要です。